北斗 の 拳 ラオウ

Add: emedipah21 - Date: 2020-11-25 01:35:20 - Views: 9939 - Clicks: 79

トラウマBGM。 「これは『暴力のテーマ』だ」だの「『終わりの地』だ」だのと散々な言われようだがだいたいあってる。 AC北斗における即死コンボの一つ。 このコンボに限って言えばブーストをいっぱい使っていたり、相手がシンであったりなど様々な限定条件があるため、流石にいつでもこんな開幕で2Dで死亡確定な訳ではないが、即死はこれだけではないし、何より1回で死ななかったからと言っても全く安心できないのがトキ。. ラオウがケンシロウとの最終決戦に挑む直前、哀しみを背負おうと最愛のユリアを涙しながら手にかけるさまは、拳王軍の面々に大いなる衝撃を与えた。実際にはユリアの延命のために秘孔を突いて仮死状態としただけであったものの、傍目にはあたかもラオウがユリアを殺した様にしか見えなかったため、ユリアの慈愛に心を打たれていた拳王軍の兵達はまだラオウが生存しているにも関わらず次々と武器を捨て、愛する家族の元へと帰っていった。 一方、拳王軍の中でも良心や慈愛とは無縁のごろつきの類に関しては、コウケツやジンバの例から見て、野盗として悪事に走ったものとみられる。 ラオウが信を置いていた赤鯱やバルガは、それぞれ独自の勢力を興すも、赤鯱は修羅の国へ新天地を求めて攻め込んだが果たせず、バルガは時代の流れを読めずに没落し、コウケツの農奴へと転落した。 ラオウの死と拳王軍の解体は権力の空白を生み出し、これに乗じる形で天帝ルイを元首とする帝国と、その軍隊である天帝軍が誕生する。その元凶である総督ジャコウは、かつて元斗の村にラオウが侵攻した際にその本性を見抜かれ、ラオウがファルコに殺せと言ったがゆえにあわや殺されるところだったという因縁がある。その因縁はジャコウがファルコに倒された後も、ジャコウの息子ジャスクがリンを人質にして北斗・元斗抹殺(ラオウとファルコが体得した拳の抹殺)を図る形で続いた。 また、かつてラオウと決別した実兄カイオウは、密かにラオウを修羅の国の救世主にでっち上げる「ラオウ伝説」を広め、この伝説でラオウを慕う民衆はラオウ襲来を聞いて狂喜し、カイオウに対して一斉蜂起に出るも、実際に修羅の国にやってきたのがケンシロウだということを知った途端に戦意が崩れて崩壊し、カイオウ配下の修羅達によって大勢が虐殺された。なお、カイオウやその配下はラオウが死亡したことを知っていた 母親は不明だが、ラオウにはリュウという実子がおり、修羅の国から戻ってきたケンシロウは北斗神拳の次期後継者としてリュウを選び、北斗神拳の真髄と、ラオウの生き様を説いた後、拳王時代の最も信頼出来るラオウの忠臣バルガにリュウを預けた。. 世紀末スポーツアクションゲームとして名高い『AC北斗の拳』でももちろん使用可能。 原作のイメージ通りトップクラスの攻撃力と防御力を併せ持つ重量キャラクターである。 そのデカさを生かしたリーチと攻撃力で相手の体力ゲージをガシガシ削っていく。 気絶値も全キャラ中No.

など)多くは弟・トキに合わせて銀灰色(白)で染色される事が多い。 拳王を名乗ってからは、甲冑・マントを身につけるようになり、頭には巨大な二本角のついた兜を着用している。兜のバリエーションは登場シーンによってデザインが様々だが、巨大な二本角は統一してつけられている。 行軍の際は巨大な黒馬「黒王号」に跨っており、ラオウが本気で戦うとき以外は常にこの馬に騎乗している。どんな攻撃を受けても平然としているどころか、シュレンの炎を纏った攻撃を受けたときも、鬣はおろか装飾の一つも燃える事は無かった。. AC北斗の拳至上最も華麗で鬼畜な強さを持つプレイヤーキャラ。あまりにも強すぎて一時期はトキを使っているだけで蛇蝎の如く嫌われてたりしていた。 剛の拳よりストロングな柔の拳だとか、あれはトキじゃなくてアミバだとか、死の灰をかぶる前のトキだなどと言われている。 北斗 の 拳 ラオウ 1. モデルはアメリカの俳優アーノルド・シュワルツェネッガーとされる。 同氏の出演作品での日本語吹替を数多く担当する玄田哲章氏も一部の作品でラオウを演じており、本作の派生作品である『蒼天の拳(CR版)』では、ラオウと容姿が酷似した劉宗武の声を担当している。 また、アニメ第一作をはじめ数多くの作品でラオウを演じてきた内海賢二氏が逝去して以降のパチスロおよびゲーム『Jスターズビクトリーバーサス』などの一部メディアにおいて玄田氏がラオウ役で起用されている。. CV:内海賢二(TVアニメ他多数)、若本規夫(TVアニメ初期登場時のみ)、 玄田哲章(CGアニメーション・Jスターズビクトリーバーサス他)、 宇梶剛士(新劇場版・天の覇王アニメ)、小山力也(天の覇王ゲーム)、 立木文彦(北斗無双シリーズ)、武虎(FLASHアニメDD北斗之拳)、 一条和矢(TVアニメDD北斗の拳)、岩崎征実(北斗が如く) 北斗四兄弟の長兄で、トキ・ジャギ・ケンシロウたちの兄弟子である。 次兄トキとは実の兄弟、ジャギ・ケンシロウとは義兄弟である。 トキ・ケンシロウ以上に拳に優れた人物だったが、幼い頃から「最強の男となり、全てをこの手に握る」という野望を抱いてた。「覇道に愛や情は不要」という思想を持ち、愛を理解しようとしなかった。 その野心の強さから北斗神拳伝承者に選ばれなかった。しかし、ラオウはすでに伝承者や北斗の掟など眼中になく、北斗神拳を武器に世界に君臨しようとする。その野望を危惧され、師父リュウケンから掟に従い拳を封じようとされるが、これに抵抗し死闘の末に殺害する。 その後は「世紀末覇者拳王」を名乗り、世紀末の世を恐怖と力による統一を掲げ覇道へと突き進む。拳王軍を組織し己の領地を広げる他、各地で「拳法家狩り」を行いその奥義を奪い修得している。奥義を奪われた拳法家は、秘孔「新血愁」により三日間苦痛を与えながら殺したりカサンドラに幽閉するなどして、拳王の恐怖をより一層広めるために利用された。また、後の禍根を断つためその家族・一族も同じく処刑していた。 物語中盤まで、その存在は圧倒的な力を振るう多くの人々にとって「恐怖」の代名詞だったが、彼もまたケンシロウ同様、ジュウザやフドウ・そして弟トキとの死闘を通して哀しみを知る拳士として成長していく。そして、死病に冒されたユリアの宿命を知ったために彼女を殺せなくなり、涙を流しながら仮死状態にし(同時に秘孔による延命処置を施した)、それによって哀しみに目覚め、ケンシロウと同じく北斗神拳究極奥義・無想転生を体得する。 これにはリハクも「ラオウもまた北斗神拳伝承者としての資格を持っていた」と言葉に出したほど。 ケンシロウとの最後の死闘の末、拳士として、兄弟として、互いを最大の強敵(とも)と認め合い、ケンシロウにユリアを託し、自ら天へ帰った。 自ら天へと帰る時の辞世の句である「我が生涯に一片の悔いなし!」の台詞と. 原作:武論尊 作画:原哲夫 北斗 の 拳 ラオウ 連載:1983年 - 1988年. ハリウッドで実写映画化もされて話題となった、原作・武論尊、作画・原哲夫による人気漫画「北斗の拳」。“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウや旅の同行者となるバットたちが弱肉強食の世界を生きる様を描いた作品ですが、今回は北斗の拳の最終回の結末・あらすじをネタバレで紹介して. 北斗無想流舞 通称「ナギッ」。技のボイスとして「ユクゾッ」と言っているのだが、アーケードだとこれが「ナギッ」に聞こえる事から。簡単に言うと「上下左右好きな方向に移動できて隙もほぼ全く無い瞬間移動技」。厳密に言うと隙は少しあるのだが、その終わり際の硬直は通常技や再度の流舞でキャンセル出来るため実質隙は無い。こいつのせいで(特に降りナギ)あらゆる間合いが死地と化し、前方の離れた位置にいたと思ったら後ろから殴られていたり、ジャンプしたと思った瞬間何故か地面にいて投げを食らったりする。病人で自分で歩く事さえままならず、カサンドラでケンシロウを待っていたはずなのに、南斗で最も華麗な技を持つレイよりもせわしなく飛び回る。ロケテの時点で、ごく一部のプレイヤーから「このワープ技やばくないか」と指摘があったが、それに対する開発陣の答えは「ガーキャンがあるから大丈夫」だった(らしい)。その結果は言うまでも無い。 3. 最終的にトキは北斗宗家の傍系の血を引く(ラオウ・カイオウの実弟)者であり、修羅の国出身とされたが、これはストーリーの方向が変更されたことによる後付設定である。 北斗 の 拳 ラオウ 当初、トキは両親の墓の隣に自分とラオウの墓を予め立てており、ここに埋葬される事を望んでいた。 トキはラオウとの最終決戦に臨む直前にケンシロウと共にこの墓を訪れており、「私はここで生まれ育った」と明言している。しかしこれは時系列的にケンシロウが修羅の国へ渡るよりもずっと前であり、「ここ」は修羅の国でないことは明らかである。 また、修羅の国編にてラオウ・トキ・ケンシロウが修羅の国出身である事が明かされた際の回想ではラオウ・トキ・ケンシロウの3人で修羅の国を出てリュウケンの元へ向かったとされているが、トキとラオウがリュウケンの養子になった時のエピソードの中にはケンシロウは一切登場していない。 他にも、奇跡の村でのアミバ関連の話では、当初はこれは「変わり果てた姿の(本物の)トキ」とされており、ジャギと同様に元北斗神拳伝承者候補を、正当伝承者であるケンシロウが倒してゆくという流れの一環になるはずだった。実際、ジャギが死ぬ際に「まだ2人の兄が居る事を忘れたかー!」と捨てゼリフを残しており、それに対してケンシロウは「何!あの2人が生きていたのか!」とあまり嬉しくなさそうな驚き方をしている。 しかし、当時のジャンプにはよくある「引き伸ばしや編集部の意向による路線変更のための後付設定」により本物のトキはカサンドラにいることになり、アミバというキャラクターが新たに用意された。 そしてトキが世紀末の世においても野心を持たない人格者として設定されケンシロウの味方サイドにつけられた結果、単純な「他の候補を倒して行く」と言う道筋は消え、ラオウ・トキ兄弟の関係等がクローズアップされて行った結果、トキとラオウは修羅の国出身である事にされ、ジャギのみが北斗宗家と何の関係も無い当て馬だった事になってしまった。.

、 究極奥義は本作オリジナルの「拳王天墜撃(けんおうてんついげき)」。 天に掲げた手の上に巨大な闘気の球体を作り出し、それを地上の敵群に叩きつけ大爆発を起こすという. 北斗の拳の中で最強の男はラオウ様である。 誰が何と言おうとラオウ様なのである。 確かにラオウ様はケンシロウに敗北してはいる。だがそれは力で劣っていたからではない。. スーパーファミコン用格闘ゲーム。 説明書にある「拳王は膝をつかないのでしゃがみはありません」の文言通り、ラオウ(とハート様)にはしゃがみ動作がない。 このため、しゃがんだ相手には攻撃手段が大幅に限られてしまい、下から数えた方が早いぐらいの弱キャラになってしまっている。 その他のゲームバランスもメチャクチャで、クソゲーとしての評価が定着している。. 北斗滅天把 名前はAC北斗の拳より。一撃必殺奥義として登場。 原作ではケンシロウとの決戦で最後に放った、ラオウ全身全霊の拳。 9.

トキの兄であり、修羅の国を統べていたカイオウの弟にあたる。故国が軍事国家の侵略を受けた際、北斗神拳を伝承するためにケンシロウやトキとともにリュウケンの許に送られる。ケンシロウが北斗神拳の伝承者に決まった時、自分の拳を封じようとした. インスタントラーメン「日清ラ王」と名前の読みが同じ為よくネタにされるが、販売元の日清食品は商品名の由来を「ラーメンの王様」を縮めて「ラ王」と名付けたとし関連を否定している。 しかしその後、年から公開された映画・OVAシリーズ『真世紀末救世主伝説 北斗の拳』とのコラボが実現。本作のラオウがプリントされたラ王、すなわち「ラオウのラ王」が制作された。味は彼の愛馬・黒王号をイメージした「黒マー油豚骨」。. トップクラスの攻撃力と防御力を併せ持つ重量キャラクター。 原作での性格を反映して、後退=バックステップが出来ず、代わりに専用の避け動作になる。(歩いての後退や空中のバックダッシュは出来る。膝もつく) そのデカさを生かしたリーチと攻撃力で相手の体力ゲージをガシガシ削っていく。気絶値も全キャラ中No. 現在あみあみでは、「模型王 北斗の拳 ケンシロウ 胸像」、「模型王 北斗の拳 ラオウ 胸像」の2体ともデコマスが展示中だ。 近くにお住まいならお店に足を運んで、全体的な造形の出来や彩色も含めてしっかりと確かめてから、指先ひとつで購入を決めて. See full list on dic. About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact us Creators. 北斗 の 拳 ラオウ が、リュウケンから盗んだであろう七星点心に関しては、何故か北斗七星型の闘気の火柱を立てながら突進する技になっている.

神の1F当身 トキは柔の拳の使い手と言う事から当て身技を複数搭載しているが、この性能がどれもクソ。当て身は強すぎると何でも出来てしまうため、普通は入力から当て身で攻撃を取れるようになるまでにいくらか時間がかかるものだが、トキのものは1Fで発生(入力が完了した次のフレームにはもう判定が出ている)。そのためいくらか出遅れても問題なく取る事が出来る。そんな当て身の隙は無い事. )。 5. 」 語りを担当するのは、俳優の古田新太さん。どんな番組になるのか、ぜひお楽しみに! セカンドの美学「北斗の拳・ラオウ」 【放送予定】7月27日(土)bsプレミアム後10:00. 75 0 カイオウ倒した後が問題だろうが 4: 名無し. 「剛の拳」の使い手であり、北斗剛掌波や天将奔烈などの闘気を放射、射出する技を得意とするが、その闘気はレイの挑戦を受ける際、闘気だけでレイを怯ませ、南斗究極奥義 断己相殺拳の使用を余儀なくさせてしまうほど強烈なものである。. その生き様は多くの人々に影響を与えている。 ケンシロウ・トキからは、北斗四兄弟長兄として尊敬され目標とされた。 『ジャギ外伝』ではジャギもラオウの覇者としてのオーラに歪んだ影響を受けた描写がある。 天狼星のリュウガは、ラオウこそ世紀末の世界を治める巨木だとその強さを見出し、彼の下に就いた。 ブランカの光帝バランは、ラオウの強さを神と表現し、彼に打ち捨てられた後も彼を敬う言葉を漏らしていた。 また、原作では南斗五車星リハクの娘トウから、新劇場版および外伝『天の覇王』では幼馴染で拳王親衛隊隊長でもあるレイナから、さらに外伝のTVアニメ版では女軍師サクヤからと多くの女性から慕われていた。 逆にその存在は多くの人物を恐怖させた。 天帝軍の総督・ジャコウは、ラオウが元斗の村に現れた際に首を絞められたことがトラウマとなり、闇夜に輝く北斗七星で当時の恐怖が甦るという異常なまでの暗所恐怖症に陥った。 ユリアも幼少の頃、感情を持たない子供だったが、ラオウに出会った際、その感情が揺さぶられる。その直後、ケンシロウの優しさに触れ、感情をとりもどしている。.

トキ、サヤカの実兄、ジャギ、ケンシロウの義兄であり、カイオウの実弟。そして忘れ形見に、リュウがいる。北斗神拳四兄弟の長兄にして狂える恐怖の暴凶星・世紀末覇者拳王。愛馬は黒王号。 戦いの際は、ザコが相手の場合は何人だろうと黒王の上からまとめて吹き飛ばす(同時に黒王もザコを蹴り飛ばし、踏み潰し、吹き飛ばしている)。また、レイやヒューイ、シュレン、腑抜けたふりをしたジュウザ等、かなりの実力を持った者ですら黒王の上からは降りずにそのまま相手をする。後半のケンシロウやトキ、コウリュウ、フドウ、心と力が甦ったジュウザ等、自分が認めた強者が相手の時のみ黒王から降りる。. . 今回の実践はパチスロ「北斗の拳天昇」の設定狙い実践! サミー大本命の6号機パチスロ! とあるデータでは稼働初期、全国から統計を取った北斗天昇の約半数が設定456で運用されていたと耳にしました。 ほんとかなぁ?と思ったりするけど実際に高設定確定. 北斗羅烈拳 名前はAC北斗の拳より。「北斗羅掌拳」と言う名前もあるが恐らくこちらは誤字。 「俺の剛拳、いつまで受けきれるかな?」といいながらラッシュを仕掛ける技。 8. 北斗 の 拳 ラオウ 二指真空把 飛んできたボウガンの矢などの飛び道具を受け止めそのまま相手に打ち返す奥義。 ケンシロウなども使用した他、南斗の人間であるレイなどもこの技の存在を知っていたなど、広く知られている技。ラオウはトキとの対決中にマミヤにボウガンを撃たれた際に使用した。 北斗琉拳にも似たような技がある。 2.

CV:土師孝也(TVアニメ、AC北斗の拳)、田中秀幸(OVA)、堀内賢雄(新劇場版)、東地宏樹(天の覇王) 関智一(北斗無双、DD北斗の拳)、咲野俊介(北斗が如く) 『北斗の拳』の主要登場キャラクターの一人で、北斗四兄弟の次兄。 ラオウ・カイオウの実弟であり、ジャギ・ケンシロウの義兄である。 さらにカイオウには妹のサヤカがいるが、トキとの年齢の序列は不明。 北斗神拳史上最も華麗な技の使い手であり、伝承者に最も近い男と言われていた人物。 同時に医学にも精通しており、本来は暗殺拳である北斗神拳の経絡秘孔の効能を怪我や病気の治癒に活用し、将来はその技術を医療に役立てることを志していた。 核戦争勃発の際にケンシロウ・ユリアを守るために、自ら犠牲になって死の灰(放射能)を浴びた。死の病に冒されたトキは継承者争いを断念し、自分が死ぬまでに多くの人を救うため、荒廃した世界を放浪しながら医療行為を行って多くの民衆を救っていく。 彼の医療行為の拠点となったのが後に「奇跡の村」と呼ばれる小さな集落であり、当初は病に侵された人達(スピンオフ作品『銀の聖者』では行き場をなくした老人や子供も含む)がただ死を待つだけの場所であったが、トキが身を寄せた事によって多くの病人が病を克服し、活気のある村へと成長していく(『銀の聖者』ではリュウケンの門徒の1人、ラモが従者として同行し、村の復興や野党への対策など多くの事を引き受けてくれている)。 しかし、トキの噂を聞きつけてやって来たアミバとの諍いが後に村を窮地へと追いやってしまう事になる(実際にトキに非は無く、ほとんど逆恨みではあったが) 後に村が野盗によって大規模な襲撃を受け、これまで築き上げてきた苦労が霧散すると同時に多くの人々の命が奪われたことに激しく怒ったトキは野盗の一団をたった一人で殲滅(当初はトキに扮したアミバの虚言かとおもわれたが、スピンオフ作品『天の覇王』ではその言の通り野盗を怒りの一撃で爆殺している。一方『銀の聖者』ではこの事件そのものがアミバの仕組んだシナリオとされ、野盗達はアミバの演出の為だけに全滅させられた。但し直後に、正体に感づいた村長も人知れず殺害されてしまっている。加えてトキ自身がメディスンシティへ出向いていて不在だったこともあり、村は瞬く間にアミバに掌握されてしまっている)。 その後、兄・ラオウの率いる拳王軍によっ. 」と言い放っている。 これらの言動の根本にあるのは、おそらく幼少時に実兄カイオウに聞かされた「我らは宗家の屑星に過ぎない」という話からきていると思われる。常に運命に抗い闘い続ける己自身として闘いから逃げる者が許せなかったものと思われる。 そうした信条を自分以外の人間にも当然のように押し付けてきたラオウであったが、確固たる意志を持った人間に対しては、たとえ子供であっても一目起き敬意を払う姿勢を見せている。 村のために自らの右足を切って差し出したファルコに「この足は一国に相当する」と敬意を表して拳王軍を転進させたり、「神に復讐する」という野望を口にしたバランの同伴を許し北斗神拳の技を盗ませていた。. 天将奔烈 両の手に集めた闘気を一気に発射する、ラオウの必殺奥義。後にケンシロウも使用する。 剛掌波との違いは闘気の量? ケンシロウのこの技をハンが見た時に「ラオウの技」として驚愕している点から、ラオウが独自に編み出した奥義だと思われる。 AC北斗の拳では究極奥義として登場。 4. イノチハナゲステルモノ バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーンFATAL K. やぱっり拳王様は最期まで屈しなかった。俺もそうだし当時、観ていた人たちもきっと心の秘孔を突かれたことでしょう。男は大地に立ったまま. . どっかで見たような技である。 技自体は強力だが、発動後の技名表示も然ることながら腕を組んだ誇らしげなポーズが奥義後のスタンを招いておりテンポが悪い。加えて移動速度も遅いが、初代では奥義「黒天殺」で呼び出した黒王号に搭乗することでカバーが可能。 本作オリジナルシナリオである「幻闘編」では、概ね3人の弟た. 北斗年の歴史の中で最も華麗な技を持つ男と言われ、あのジャギですらその実力を認めていた。 しかし核戦争の際、人数オーバー寸前の核シェルターにケンシロウとユリアを入れ、自分は外へと残った。結果的に生き延びたものの死の灰を浴びて不治の病に冒され伝承者の道を断念。 以後は以前から志していた北斗神拳を利用した医術で人々を救う道を目指すこととなる。 自己犠牲的な性格、長髪に無精髭という外見から、イエス・キリストがモデルとされている。.

ラオウ・カイオウの弟だが、厳めしい顔立ちにゴリマッチョな体格の兄二人とはあまり似ておらず、やや中性的な顔立ちをしている。 ヘアースタイルはパーマのかかった長髪で、額に鉢金を着用している。髪色は黒(アニメでは茶)だったが、前述の死の灰を浴びてから髪が白くなり始め、カサンドラでケンシロウに再会するころには完全な白髪になっていた(TVアニメ版ではアミバの回想の時点で、新OVA版では北斗の寺院にいる頃から白髪だった)。 さらに、拳王軍に拘束されカサンドラに幽閉されている間に、頬は痩せこけ無精髭の生えた、老人のような外見になった。 服装は、「北斗神拳を医療に役立てたい」という思いからか、白を基調とした衣服を着用しているため、頭髪と相まって全身白一色で統一されている。 モチーフはイエス・キリストで、自己犠牲的な行いや弱者救済のエピソードなども、これに準じたものである。. 【世紀末覇者ラオウ】 またの名を拳王。ケンシロウとトキの兄。北斗四兄弟の長兄。強大な野望と天地を砕く剛拳で世紀末の世の支配をめざす。 【流派】北斗神拳 【おもな技の名前】北斗剛掌波 【おもな名言】我が生涯に一片の悔いなし 【特徴】甲をかぶり. 1: 名無し募集中。。。 /10/24(木) 18:01:07. ラオウの死を描いたアニメ映画『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』の公開10日前の年4月18日、東京・高輪にある真言宗の高野山東京別院で「ラオウ昇魂式」が行われた。遺族代表として、武論尊、原哲夫らが参列し、葬儀委員長は谷村新司が務めた。また映画でラオウの声を担当した宇梶剛士が弔辞を読み、声優として参加した角田信朗がラオウに捧げる演舞を披露した。これに伴い、ラオウは正式に故人となった。 なお、漫画のキャラクターの葬儀が本物の寺院(宗教施設)で営まれるのは初めての事である。ラオウを供養する為として日本中から多くのファンが集まり、海外のファンも訪れた程であった。しかし、雑誌『PCangel』内のライターによるコーナーでこの件に対し「ラオウは最期に『天へ帰るに人の手は借りぬ』と言っているのに葬儀を行う(本人以外の人間が葬る)のはおかしい」、「ただの映画の宣伝に過ぎない」との記述があり批判的意見も少なからずあった。. その生い立ちや北斗神拳継承者候補となった経緯については、作中で矛盾する描写が幾つかある。しかしいずれにせよ、幼少期に両親を失い、その理不尽な経験から己の意に沿わないものは力をもってねじ伏せる、という思考を持つようになったのは確かである。「ラオウとトキの二人の内、養子に迎えるのはどちらか一人」とリュウケンに崖から突き落とされるが、気絶したトキを抱えて片手で崖をよじ登ってみせたエピソードなどは彼の性質をよく表している。 そうした信念を他人にも強要するところがあり、無抵抗を条件に助命を求めてきた村落の長を「服従のみの人生に何の意味もない」としてあっさりと殺害(アニメ版では生存)している。自身に想いを寄せるあまり自害して果てたトウに対しても「自分が欲しければ、殺してでも手に入れれば良い」と言ってのけた。 幼少期の修行時代にもこうした面はあり、稽古で打ち倒したトキが涙を流すのを見て「泣くな! 北斗神拳を習得したケンシロウとラオウ。 師匠から北斗神拳を「何に使い、何を目指すのか」と問われらラオウは、「おのれのために使い、天を目指す」と答えた。 そんなことは神が許さないと諌めた師匠に対してラオウが放った台詞がこの言葉である。.

ラオウが使用した北斗神拳の技・奥義を記述する。 1. 涙など流してはならぬ」と言い放っている。またケンシロウに対しては、彼がまだ幼いため修行はおろかリュウケンの道場に入ることも許されていなかった頃、リュウケンに無断でリンチ同然の修行を行い、これを目の当たりにしたリュウケンに「才なき者がいずれここから追放されるなら、それを分からせるのがこいつのため」と謝ることなく堂々と言い切った。 しかし、自ら片足を切断して差し出したファルコの願いを聞き入れて軍を転進させるなど、立場は違っても強い意志を持った人間に対しては敬意を払っている。また、バランに目をかけたりシャチを可愛がったりするなど、意志が強く見所のある少年にも好意を示している。 その拳を封じようと追い詰めたリュウケンが病の発作に倒れ、ただ一人恐れた拳の持ち主トキもやはり病に冒され、天下統治の妨げとなっていたサウザーをケンシロウが倒してしまうなど、その覇道は運に恵まれていた一面もある。それを当人もどこかで自覚しつつ、天を目指す自分と、神もまた戦いたがっているとの強固な自負に変えていた。 だが、無想転生を身につけたケンシロウや、その後のフドウとの対戦などで、運や情けによって命を拾った場面では、それを屈辱として怒り狂うこともあった。 一方では慎重な部分もあり、後述するレイを含め戦う相手に「死兆星を見たか」と問い、「見た」という相手としか戦わなかった。そのレイとの戦いでは部下がレイに倒される様子を観.

北斗 の 拳 ラオウ

email: oboxyda@gmail.com - phone:(477) 311-6078 x 6944

戒厳 令 の 夜 - シュシュ

-> アサシン クリード エッセンシャル ガイド
-> 名 探偵 コナン 世紀末 の 魔術 師

北斗 の 拳 ラオウ -


Sitemap 1

夢 心霊 スポット -